ユキシロ日記

ゲームのプレイ日記をメインに、博物館、美術館、音楽など。雑多な趣味ブログです。

美術館

特別展アリス― へんてこりん、へんてこりんな世界 ―/森アーツセンターギャラリー/2022.07

ここまで人々を魅了し続けるテーマ(モチーフ)もそうないと思います。

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展/東京シティビュー/2022.07

夏と言えば妖怪ですね!!!六本木の高い場所に集まった妖怪たちに会いに行ってきました。

ルートヴィヒ美術館展/国立新美術館/2022.07

本当にいろんなタイプのアートがあって、特定の種類のアートを特別好んでいるというわけではない私はとても楽しめました。和洋中の料理が並ぶビュッフェのような感じでした。

角川武蔵野ミュージアム(+ポケふた)/2022.06

迷路のようなエリアの最奥にはこのような空間が。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー/角川武蔵野ミュージアム/2022.06

やっぱり本物の絵画が観たいな、というのが全体を通した私の感想です。

自然と人のダイアローグ/国立西洋美術館/2022.06

約1年半の休館を経て今年4月にリニューアルオープンした国立西洋美術館。リニューアルオープン後、初めて行ってきました!

ボテロ展 ふくよかな魔法/Bunkamura ザ・ミュージアム/2022.05

一度見たら一生忘れないようなインパクト大な作品たち…これは生で観てみたい!ということで始まる前から気になっていた展覧会に行ってきました。

牧歌礼讃/楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン+藤田龍児/東京ステーションギャラリー/2022.05

一見なんの共通点もないように思える2人の画家。ですが、苦境に立たされながらも描くことをやめなかったという共通点がありました。

フェルメールと17世紀オランダ絵画展/東京都美術館/2022.03

私はこれまでそれほどフェルメールには興味がなかったのですが、ずっと前からこの展覧会には行きたいとどうしてなのか思っており、遂に行ってきました。きっと何か惹かれるものを感じたのだと思います。

「2121年 Futures In-Sight」展/21_21 DESIGN SIGHT/2022.02

ざっくり言うと、この展覧会は「未来について考えてみよう」というものです。

メトロポリタン美術館展/国立新美術館/2022.02

なんと表現すればいいか迷いますがとにかく特別感のすごい展覧会でした。

ハリー・ポッターと魔法の歴史展/東京ステーションギャラリー/2022.01

この展覧会にはずっと前から行きたいと思っていました。イギリスにある大英図書館が主催の国際展覧会で、ロンドンとニューヨークで開催されたのち、日本に来てくれました。

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」/上野の森美術館/2021.12

展覧会名からホームページから、何から何まで「金魚」がいることからもわかるとおり、長年金魚を描き続けてきた人です。会場内にもたくさんの金魚が泳いでいました。

印象派・光の系譜/三菱一号館美術館/2021.10

自分がこの先イスラエルに行っている未来が全く想像できないのでこういった機会は本当にありがたいです。貴重な作品の数々を楽しませてもらいました。

ただいま/はじめまして / 東京都現代美術館 / 2019.10

この美術館はいろんなことを(言い方が悪いかもしれませんが)ごちゃごちゃとやっている印象なので、また行きたいなぁと思いながらこれを書いています。

ゴッホ展―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント/東京都美術館/2021.09

私は以前から美術館が好きで美術鑑賞も好きなのですが、特別好きな画家というのはいませんでした。しかし、今回ゴッホの作品に触れて心が乱れたというか、すごく深く感じるものがあって、自分はゴッホの作品が好きなのかもしれないと思いました。

北斎づくし/東京ミッドタウン・ホール/2021.07

生きているうちにこんな機会は二度とないかもしれないと思いチケットを取りました。このあと色々書きますが、行けて良かったというのが私の感想です。

ルール展/21_21 DESIGN SIGHT/2021.07

ルールとは何か、なんのためにあるのか、そんなことを日々考えている人も考えていない人も、自分で何かを考えるきっかけになる良い展覧会でした。

ざわつく日本美術/サントリー美術館/2021.07

ざわ…ざわ…。

アナザーエナジー展/森美術館/2021.07

全員が70歳を超えたアーティスト。私より倍以上生きている人たちの作品を見てみたいと思ったのです。

イサム・ノグチ 発見の道/東京都美術館/2021.07

人は割といましたが、それでも非日常を感じる良い空間でした。絵画作品もそうかもしれませんが、彫刻作品は立体なのでどんな空間に作品を置くかというのも重要な気がしてきました。彫刻と空間は一体である…まさにその通りですね。

ルネ・ラリック リミックス/東京都庭園美術館/2021.07

ジュエリー、香水瓶、ガラス作品、どれをとっても綺麗で繊細で、ちょっとでも触ったら壊れてしまいそうな儚さを感じる作品ばかりでした。そこがまた良いのかもしれません。

あやしい絵展/東京国立近代美術館/2021.03

まず、この展覧会のタイトルにもなっている「あやしい」とは何かという話ですが、これは結局のところ人によるんだろうなと思います。怪しい、妖しい、という変換ができる言葉ですが、個人的には「妖」←この字のほうがしっくりくる展覧会だったと思います。

和装男子 ―江戸の粋と色気/太田記念美術館/2021.1

一つひとつの作品に解説パネルがあるので浮世絵に詳しくない私のような人間にも優しくてありがたかったです。そんな解説パネルのひとつに「歌舞伎役者は現在のタレントやYouTuberのような人気をあわせもつような存在だった」と書かれていてびっくりしました…

ミッキーマウス展/森アーツセンターギャラリー/2020.12

森美術館の「STARS展」と同じ日に行ってきました。ものすごいファンというほどではないですがミッキーもディズニーも好きです。年に1度くらいの頻度でディズニーにも行っているのですが今年は行けず。気持ちだけでも?ディズニーに浸りたい!ということで楽…

STARS展:現代美術のスターたち—日本から世界へ/森美術館/2020.12

行ってきました約1年ぶりの森美術館です。昨年行った「未来と芸術展」でこの美術館はとても広いということを学習していたので時間に余裕をもって行きました。 「草間彌生」「李禹煥(リ・ウファン)」「宮島達男」「村上 隆」「奈良美智」「杉本博司」(敬称…

トランスレーションズ展/21_21 DESIGN SIGHT/2020.11

そもそも自分の考えていることは他者にはわからない。わかりあえないことが前提。だからこそこうして人は頭や技術を使って様々な手段で他者と交流しようとしている。なんだか人間の底力というか、大きな可能性を感じました。そして、拙くても自分の気持ちを…

日本美術の裏の裏/サントリー美術館/2020.11

モノの見方は多様であること、モノの裏に隠れている見えにくい部分にも大切なことが隠れていること、そんなことを教えてくれる構成になっていて素晴らしかったと思います。私はこういうことに気付かせてくれる展覧会が大好きです。何事も見えている表だけが…

東京好奇心 2020 渋谷/Bunkamura ザ・ミュージアム/2020.10

この写真展は「東京好奇心」というプロジェクトの一環で、パリやベルリンで開催された展覧会の集大成という位置づけです。大きなテーマは「東京」ですが、「IDENTITY(自分を語る)」「DIVERSITY(他者を読み解く)」「HERE AND NOW(ここで、今、生きるとい…

古典×現代2020 時空を超える日本のアート/国立新美術館/2020.07

さて、古典×現代とありますが、公式サイトを見てみると一番最初に書かれているのが「故きをたずね、新しきを知る。」という言葉です。この企画展は「温故知新」がテーマなのだそうです。とても好きな言葉です。こんな素敵なテーマを持って開かれる展覧会、ど…