ユキシロ日記

博物館、美術館、音楽、ゲーム等の感想、その他書きたいことを書くことにしています

ものはっぱさん「オールジャンルビュッフェライブ」感想

f:id:kishiro100master:20210616220539j:plain

2021年6月16日。ものはっぱさん(いろんなリンク)のピアノ配信ライブがありました。Piascore株式会社主催のOn Line / On Live ピアノLiveシリーズ Vol.3」の第一夜、有料配信ライブです。

ものはっぱ「オールジャンルビュッフェライブ」 - TwitCasting

会場について

会場はPiascore ピアノスタジオ YOKOHAMA、配信や収録に特化したピアノスタジオとのことです。第一印象、美術館っぽいなと思いました。多分壁の色(濃紺)がそう思う要因なのですが、額縁に入ったお洒落な写真(?)や年代物の革製バッグのような色をしたお洒落なピアノがいい感じに壁とマッチしていて、良い雰囲気のスタジオだな~と思いました。

ライブ中は複数の定点カメラによる映像が切り替わる感じで、鍵盤の真上、真横、ピアノとはっぱさんが映るいい感じの角度等、盛りだくさんでした。個人的には真上から鍵盤を映すアングルが良かったと思いました。この音こんなに低い方の音なんだ~というような普段あまり意識しないような部分にも注目できて面白かったです。

ライブ感想

ライブは日ごろはっぱさんが行っている○thライブ等の構成と似ていて、いろんな音楽ジャンルから選ばれた曲が次々演奏されるという盛りだくさんな内容でした。今回のライブには「オールジャンルビュッフェ」というタイトルが付いています。ご本人的にはいつも通り「つまみ食い」の感覚で会場の雰囲気に合わせてビュッフェにしたとのことでしたが、ビュッフェとつまみ食いはかなりニュアンス違う気が…(笑)

でもこのビュッフェという言葉が今回すごくしっくりきたような気がしました。

ということで前菜(サラダ的な)のオリジナル曲ゾーンから「タルトワルツ」「彼は誰れ時」「旅風」。ピアスコアから楽譜が販売されている曲ですね。どれも定番な感じがするはっぱさんのオリジナル3曲。爽やかで軽やかさもあり少しだけノスタルジックな感じがするところもたまりません。

次に「カッチーニのアヴェマリア」と「ニューシネマパラダイス」。メインの前に野菜を食べて完璧、次は何食べようかな~というところでいきなりローストビーフを取ってきましたという感じがしました。この2曲、良い意味ですごく抒情的で濃い。物語を感じる演奏で素敵でした。

前2曲が肉なら今度は魚のメインかな…と思うくらいメインが続きます。ポップスから「もらいなき」と「言葉にできない」。どちらの演奏も好きでしたが欲を言えば、言葉にできないはフルで聴きたかった…!ら~ら~ら~の部分は言うまでもなく最高なのですが、私はこの曲の、あなたに会えて本当に良かった~という部分が大好きなので、その部分がなかったのがちょっとだけ寂しかったかもしれません。ちょっとだけです。

ゲーム音楽から「風の憧憬」「おおぞらをとぶ」。クロノトリガーもドラクエも未プレイですが私もこの2曲はよく知っています。どちらも割と古いゲームなので原曲はゲーム音っぽさが際立っていてそれが良い哀愁を漂わせていると思うのですが、はっぱさんのアレンジは哀愁というよりドラマチックな雰囲気で、メロディーの良さが全面に出てきている感じがして好きです。この2曲、原曲があまりにも素晴らしいので聞いたことがない人は聞いてみると良いかもしれません。

ジブリから「あの夏へ」「アシタカとサン」、ボカロから「千本桜」「メルト」。ボカロゾーンがあると思っていなかったので少し驚きました。このビュッフェ本当に色んなジャンルがあって良いですね。はっぱさんの低音ジャーンが好きなので、アシタカとサンのサビに入る前の低音がとても好みでした。

さっきからずっとメイン料理を食べている気がしますが多分ここからもメインです。ジャズゾーンからは5曲。この曲があるだけで今日は満足と言っても過言ではない「All the Things You Are」、ゾクッとする不思議な始まり方と転調が続く終わり方が痺れた「My Favorite Things」、このスタジオに雰囲気が合っているような気がした「My Foolish Heart」、踊るような左手が印象的だった「On Green Dolphin Street」、雰囲気が良く落ち着きすぎて今ライブ中だということを忘れかけた「Dolphin dance」。どれも良かったです。

デザートにしては主張が強い気がするけれどこれを待っていました!という気分になった「スペイン」。相変わらずアランフェスの部分から最高でした。最初の左手が下がっていくところが好きでした。

最後の曲は「星に願いを」。はっぱさんのライブでは定番のラスト曲ですが、何度聴いても全く飽きない魅力があります。デザートは別腹。

まとめのような何か

とても楽しい素敵なライブでした。構成や弾いてくれる曲は普段と同じでも、会場やピアノが違うだけで雰囲気が変わるんだなぁと改めて思いました。全体的に左手が楽しそうだな~という印象でした。はっぱさんの低音好きです。

約1時間のライブでしたがあっという間でした。もう終わる!?と思いましたが、物足りない・もっと聴きたいと感じるこのくらいの時間がちょうどいいのかも、と思いました。食事も腹八分目くらいが良いと聞きます。

自分の好きな曲ばかり詰め合わせたと話をしていましたが、聴いている方にも演奏者が楽しそうかどうかというのは伝わってくるのでそれが一番良いと思います。自分が好きなものばかりを楽しめる、それがビュッフェ。

過去に書いたものはっぱさん関連の感想↓

【雑記27】MonoHappa Piano Collection Vol.1、Vol.2を聴いた感想

ものはっぱさん 2.7thソロライブ感想(と配信ライブについて)

ものはっぱさん 2.5thソロライブ(とネットピアニストや娯楽について)

------------------------

音楽ライブやコンサート感想のまとめは【こちら】からどうぞ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてみてください。 

カテゴリー